中古車の買取を行っている専門業者の中には、買取った自動車を日本国内で中古車としてリースするといった業者もあれば、海外に輸出して利益を上げているといった業者も存在しています。
海外リースをメインで行っている業者の多くは日本国内では中古車として買い手が居ないような非常に古い自動車であっても買い取ってくれるといった傾向があります。
もちろん新しい車の方が高値で買い取ってもらいやすいのは事実ですが、明らかに塗装が剥がれ落ちているような車両であってもマフラーなどに腐敗が見られるような車両であっても買取自体は行ってもらえることが大半だと言えるのです。
そしてそのような海外リースタイプの中古車買取業者の場合、日本国内リースタイプの中古車買取業者より車検切れの車体を高値で買取ってくれるといった傾向があります。
日本国内で走行することが不可能な車両であっても海外からの需要は当然ながらあります。そのため完全に期限切れを起こしているような車両であっても確実に買取先は存在しているということを記憶しておくといいでしょう。
車両が当たらしめであれば買取金額はかなり高額になりますので、廃車にするのはもったいないと言えるのです。