パーツは、マフラーや足回りやエキマニやタービンなどは可能です。モデルチェンジなどが多く採用される部品とそうでない部品があります。業者によっては、事故車を積極的に買い取っています。例え事故車であっても、状態がいい部品など取り除いて使っています。車の部品の専門店なども、最近はよくみかけます。型式が、古いと部品が無いことはよくあります。ボディー部分で、たまにですが、ドアのみで販売してるのもみます。形式などが、一致すれば全然問題なく利用できます。シルビアS13やRX-7FCなどの部品は、超子部品販売店でしか見つからないです。RX-7のヘッドライトは、リトラクタブルと言われるヘッドライトなどは、現在全く生産されてないです。リトラクタブルは、ディラーでも、在庫が少ないのが現状です。探すのに時間がかかるために、超子部品店などで探すと意外と見つかります。車の部品のみの買取などは、最近ではネットオークションなどでも行われています。20年前のスポーツカーなどは、現在でも人気があります。20年前のスポーツカーの部品は、探すのが大変です。ちょっとしたキズならどうにかなるが、板金不可とかになると取替えるにしても、部品が見つからないのでスクラップ寸前の車などから利用します。