自動車を購入する際の書類は多岐にわたります。そのため、何をなくしたのかによっても話は変わってきます。まずは車検証をなくした場合は、その自動車に乗る前に購入した販売店に相談して、運輸支局などで再度車検証の再発行をしてもらうように依頼してください。あるいは自ら運輸支局などに出向いて再発行を依頼することでも問題はありません。
道路運送車両法では車検証は常に自動車に掲載しておく必要がありますので、なくした場合はそのまま自動車を走行してはいけないために、速やかに再発行の手続きをする必要があります。
それ以外では個人情報が載っているものも多いのですが、何をなくしたのかが分かっていれば重要性はおのずと異なります。なくして困るものは先述の車検証ぐらいのもので、それ以外では個人情報流出のおそれを除けば、なくても支障がないものも中にはあります。
これら一式をなくしてしまった場合には、すでに売買契約が終了している場合には問題がないケースもありますし、あるいはまだ売買契約を正式に締結する前の場合は見積書などについては、再発行を依頼したほうが良い場合もあります。つまりそのなくしたタイミングで、持っておいたほうが良いものなどは分かれるということになります。