自動車を売却しようとした時に、そのタイミングに悩んでしまうものですよね。
そこで、価格の変動が大きくなりやすい時期を覚えておけば、それによって売却する時期を決めやすくなるものです。

まず、自動車の価値が大きく下がってしまう時期として10年使用した車が挙げられます。
日本の車は非常に頑丈であるため、10年程度では問題なく走行することが出来るのですが、消耗部品の交換も近づいて来る時期だけに状態の良い車の多い日本ではこの時期を境に中古車としての価値は大きく下がってしまいます。
そのため、この時期にさしかかりそうなときには早めに売ってしまうか、あるいは乗り続けるかを決める必要があります。

次に季節によって需要が高まる車の要素として、例えば4WDの車などがあります。
このような車は冬場に需要が高まるため、シーズン前には中古車買取業者も多めに仕入れをしようと考えるために買取金額が高くなりやすい傾向にあるのです。
そのため、このような車を売る時には夏場よりも秋口に売れば高く売りはすくなります。

また、全体的に自動車の需要が高くなる時期というのは、ゴールデンウィークなどの大型連休の時期でこの時期の前も高く車を買取りしてもらいやすい時期となるのです。