どれだけ長く大切に運転し続けてきた愛車でも、いつかは必ず別れの時が訪れるものです。老朽化による機能の低下や外面の傷や汚れ、または車型の世代交代など、お別れする理由には様々なものがありますが、そんな最後の瞬間にはできれば車買取業者による高額の下取り査定額を叩き出すことで、これまで懇切丁寧に扱い続けてきた確かな証しとしたいものです。

下取りの流れとしては、まずインターネットの比較査定サイトにて各社の大まかな見積もりを確認してから動き始める人が多いようです。そうしてピックアップした複数社と連絡を取り、出張査定してもらいたい愛車の車種やメーカー、購入年月日、走行距離、それに機能性や外面に何か問題があるかどうかなどを記した上で、メールやネット、電話、ファックスなどで依頼を送ります。そうして業者側が車の大まかな情報を把握した上で、大まかな買取の流れを説明すると同時に、具体的な査定日の決定へと進むこととなります。

こうやって実際に査定が始まると意外とシビアに値が決まっていくものです。できれば足元を見られないように、複数社の査定額を比較した上で、算出された金額よりも更にアップできるようにうまく交渉していく手腕が問われます。そうしてようやく納得した査定額で妥結した上で、免許証や車検証、自責賠償保険証を始めとする各種書類を手元に用意した上で最終的な契約手続きを交わすことになるのです。